【直江計略記】 終章〜「観光とは」

2019年04月01日(月)|01:03

上杉家筆頭家老の責務を預かる「やまがた愛の武将隊」直江山城守兼続である。

 

昨日、上泉主水泰綱の出立に際し生憎の空模様にも関わらず多くの御客人が当地を訪れて下された。

寂しさが残る中ではあるが笑顔の門出と成れたのもまた、皆々のお陰であると思うておる。

誠にありがとう御座り申す。

 

さて、此れより我が所見を述べさせて頂きとう存ずるが、例にもれず超長文である。

ある種の覚悟を以って挑まれたし。

 

では、昔話から参ろう。

 

慶長3年(1598年)1月10日。

豊臣秀吉公より陸奥国会津への移封の命が下り、本領地の越後から会津周辺120万石への国替えが行われ出羽国羽前米沢30万石を拝領し、某は米沢城初代城主に任ぜられた。

 

当時の米沢は、800戸余りの農耕中心のごく小さな町であったが、現在では、人口80000人を超える山形県でも指折りの伝統文化・産業・観光都市へと変貌を遂げ、今日に続いておる。

中でも観光の分野に於いての発展は目覚ましく、土地柄や伝統産業、食文化を活かした包括的な観光に注力し、日ノ本に「米沢」を知らぬ者なしと言わしめるまでに至ったのである。

言い換えれば、観光によって地域の魅力を見出すことに成功した都市でもあるのだ。

 

我々、「やまがた愛の武将隊」は、結成より本日で第10期を迎えるに至り、米沢を始めとする山形県全域の歴史文化、伝統などの魅力を、県内外、広くは国外に向けて発信する観光誘致活動を続けて参った。

其れ故、観光の本質について考えることもまた多い。

 

そもそも「観光」とは、一般に楽しみを目的とした旅行や行楽を指す。

近年では娯楽や保養のため、何より人生の余暇時間を有意義なるものとするため、あえて日常生活圏から離れ、未経験の「スポーツ」や「学習」、「交流」や「遊覧」などを行い、見聞を広め、新たな知見を得ることで人生の可能性を広げる一助とする体験型の観光は、全国的にも盛んに行われている。

 

有り体に申せば、「やってみたい願望に応える観光は人気がある」ということである。

これらの体験型観光は、ここ米沢に於いても国内外の旅客者を中心に人気を博し、「原方刺し子」や「米織の機織り、染め物」、「成島焼」などの伝統工芸のみならず、「田植え」や「稲刈り」といった地域特性や特産物を活用した「農林業体験」がある。他にも、雪国ならではの気候特性を押出した「スキー・雪遊び」なども根強い人気がある。

 

このような体験型観光は、参加者だけではなく実施団体側も含めた相互間にとって「貴重な経験」となり、「実体験を伴う大切な思い出」として深く心に刻まれることで、共有と体験を通した達成感が生まれ、地域愛を育み、ひいては新たな「米沢ファン」を生み出すきっかけにもなっている。

これは歴史を軸に其の土地の誉れを熱く伝える武士達と同じ時を過ごし、共に地域を愛し合うという意味に於いては「武将隊ファン」と呼ばれる方々にも通ずる所があるやもしれぬ。

以上を踏え、我が私見として思うに、「観光」とは「光を観ること」である。

 

ここ米沢を始め、全国津々浦々に存在する誉れに焦点を据え、見やすさ、感じやすさ、伝わりやすさ、特異性などを見出しつつ、時に競い合いながら、その土地独自の努力によって磨き上げることで一層輝きを増す「地域の光」ともいえよう。

現に山形県内には多種多様な観光素材があり、数えれば枚挙に暇がない。全国に目を向ければ更に増えてこよう。

 

しかしながら、如何なる事象に於いても物事には二面性がある。表があれば裏もあるということじゃ。

この二面性を、仮に「光」と「影」と称したとき、光の側面だけを観ることが、即ち「観光」なのであるならば、影とは何かについても同時に考えなければならない

 

例えば…想像致して欲しい。

 

二人の武士が刃を構え、眼前の相手に向かって、今まさに突撃を仕掛けんとする瞬間があるとする。

この時、どちらに光を当てて見るかによって…つまり、「どちらを応援するか」によっては観るものにとって、勝負の行方は「悲劇」となる。それだけではない。仮に光を当てた側が勝利を収め喜べたとて、後々になって影となった者の、涙無くしては語れなぬ並々ならぬ事情や、悲しき背景を見聞きしてしまえば、すこぶる後味の悪いものとなろう。

 

何を申したいかと申せば、「自身が観せたい光と他者が観たいと思う光は、必ずしも一致する訳ではない」ということなのじゃ。と同時に、大分化された光と影それぞれにもまた、光と影の側面が存在するということなのである。

 

繰り返しになるが、観光とは、「光を観る」ことである。

提供者の視点で「これが光だ」と並べたとて、押し付けになれば、「地域の光」は転じて「地域の影」となる。

応援を頂く者として、また、故郷の誉れと誇りを掲げるものとして、この事は厳に覚えておかねばならぬと某は思う。

慢心を良しとはせず、驕らず、絶えず高め、磨き上げた姿にこそ、人々は光を見出すのだと某は信じている。

そして、そのような先人たちの弛まぬ努力の積み重ねがあり、今日に誇れる上杉の城下町米沢の歴史として引き継がれているのではなかろうか。

 

思うに歴史とは、今を生きる人々の物語である。

語り継ぐ者なくして引き継がれる歴史は存在せず、故に現世を精一杯に生き、楽しみ、多くの光を観ることを通じ、新たな可能性に挑む姿こそ、後世の人々が守りたいと思う真の光になるのである。

 

 

さて最後となり申すが、やまがた愛の武将隊は本日より第10期となる。

 

先に「先人たちの弛まぬ努力の積み重ね」と申したが、これは我らとて同じ事。

人たちが御客人と共に積み上げた数々の思い出を「0の土台」とするならば、今を生きんとする我らはここに1を加え、こうして10期を迎えられる事に敬意と感謝を抱きつつ、堂々と「1」を歩み出すことこそが、歴史という恩義を報いることであると信じ、我が所見の筆置きと致す

 

その先の歴史とならん事を願いつつ

 

平成三十一年 四月一日  

やまがた愛の武将隊詰所 直江山城守兼続

 

 

 

【直江計略記~出羽探訪編】〜熊野大社〜

2018年10月26日(金)|00:22


上杉家筆頭家老

直江兼続に御座る


季節の感じ方は十人十色

人の数だけ受け取り方があり申す

某は「水」から移ろいを感じ入る

恋しければ夏、遠ざけたくば冬…等々


皆々は如何であろうか?



さて概知の者も多かろうが

先日、直江兼続Twitterを開局致した


時折、我が思いの丈を呟いておるが

この開局には些か訳が御座る


筆頭家老の役目は内外問わず多くの政を多岐に渡って執り行う


故に当隊を支える重臣を始め、新たに家臣となりし皆々は、我が報を「隊報」として大切に受け止めてくれる事も多い


此れ誠にありがたく

常々心より感謝致しておる



然りとて時は限られるもの



筆頭家老の役目とは別事に

某、直江兼続も一人の出羽国の探訪者として刻の許す限り当地の物見遊山を伝えて参りたく、此度のTwitter開局と【直江計略記~出羽探訪編】を記した次第に御座る


以上が我が初志である


長々と前置きを書き連ねお付き合い願うたが

これもまた天下の長文師の持味と思うて頂ければ幸いじゃ



なれば!


第1回【直江計略記~出羽探訪編】


此度の訪れは山形県南陽市にある熊野大社じゃ。早速、某と共に出羽探訪へと参ろう


到着は14:30頃であったろうか

のぼり旗からは何やら催しの気配を感じたが一先ず先へ進んで参る

緑の中の朱色。これは好きな雰囲気の店構えじゃ

cafeであろうか、土産物屋であろうか…と考えておると早速 驚かされた



      心の臓じゃ


誰ぞ落としたのか風のいたずらか…

一瞬自然の奇跡かとも思うたが、作者がおるのであろうな


縁結びの社らしい温かな出迎えであった


石段を登るにつれ、歴史深い面影が随所に見られる


一つ一つ参拝を行いつつ歩みを進める内に、空が陰り出し御天道様が雲の奥に隠れてしもうたが、出会いもあった



これじゃ。灯篭に灯りがともる瞬間に立ち会え申した



対面の鐘撞堂に眼をやれば、こちらにも美しき出会いが御座った



発言を禁じられた兎じゃ



見事な手前であるが、次から次へと出会う芸術に一体誰ぞ作りあげておるのやらと思案するのが、次第に楽しくなって参った!


さて神社といえば御守り御神籤、御朱印帳であろ?


某も同じじゃ。広々として綺麗な印象を受けた。


程なくして御天道様が再び顔を出し、新たな芸術に出逢うたのじゃ



正に息を飲む美しさであろ?


散りばめられた菊花と紅葉の色合いが実に見事に融合致しておる

鐘撞堂の横に構えた御守り売場で買うた兎神籤を添えて撮りたくなり…1枚



た、たまらん。


ゆっくり境内を散策し浄心の頃合いには既に夜の帳がおり始め、昼間とは違った不思議な雰囲気を醸し出しておった



ときに皆々よ


神社に明かり灯る頃になると、何となく「早う帰らねば」と思わぬか?


恐らく解の無い疑問であろうが、「ここからは神様の時間だからだ」と、某はひそりと思うておる


…共感は得られるであろか?


帰路の途中、冒頭のcafeがまだ開いたおられた故、最後に訪れて見たんじゃ




本来であれば肌寒く感じる季節なれど、訪れる者を楽しませる「もてなしの心遣い」のお陰か温もりある秋に出会えた一日であった。


心惹かれた方々は是非、菊まつり開催中の南陽市へお越しくだされ


本日は此れにて御免


御休みなさい



【直江計略記】〜ワッショイ!〜

2018年10月06日(土)|19:49

直江山城守兼続である


本日の山形市は三十度を振り切る

久方振りの夏日となった


県内九つの祭り団体が一同に会し

「わっしょい」の掛け声と共に互いに

魅せ合う様は実に天晴れ見事であった



さて、このワッショイという掛け声

意味を解けば「和を背負う」という言葉から成る


日ノ本が大和と呼ばれた時代より

己が郷里を背負って示すという心意気が良とされ、今日に至るまで「日ノ本の祭り」の掛け声として愛されておるのだと、某は思うておる


同時に、「己が郷里を背負って示す」とは、

実に武将隊らしいではないかとも思えてならん



同じ東北に在りながら

目覚ましい発展と力強い復興を成し遂げておられる杜の都に対し、そしてその領主に対し

山形米沢の和背負い者として、深い尊敬と敬意の念を抱いてもおる


…まぁ領主については些か鼻に付く所も多々あるが…



しかし、それも含め…

己が故郷の誉れを誇り、特色を生かしつつ競い合い高め合えればと思うておる



間も無く始まる仙山交流

互いに領地の素晴らしき物見遊山を掲げ競うて参りたいものじゃ


さて此度、参陣くだされた御客人方々

スタッフの皆々様

お祭り団体の方々


誠にありがとう御座れた!




主らもな!



直江山城守兼続

【直江計略記】〜稲刈りと芋始め〜

2018年09月30日(日)|23:14

日ノ本各地の皆々よ、御晩に御座る。

上杉家筆頭家老、直江山城守兼続である。


台風24号が日ノ本各地で猛威を振るっておる今晩。各地の諸将は御無事であろうか?そして当書をご覧の皆は息災であろうか?


畏怖の念こそ、災害への最大の備えであると某は思うておる。「まだ大丈夫」とは、裏を返せば "まだ" が過ぎれば確実に大丈夫ではなくなるという事じゃ。


鳥や風音、大地が発する僅かな唸りに異変を感じたならば決して気のせいとは思わず、差し詰め名探偵の少年が如く「やはりな…!」と鋭敏に反応されるが宜しかろう。



さて、

某は戦国史最大の心配性故、前置きが長引いたが…



本日、

田んぼアートが刈り取られた。



小野川地区の展望台から、御客人の視線を一身に集めつつワッサワッサと育った某は物の見事に狩り…いや失敬、刈り取られた。


何じゃろう…か。



斯様に大勢のお客人が そぼ降る雨の中、集もうてくれたこと誠に嬉しくもあり、また少なからず切なくもあり…



同時に気のせいか、少しばかり




痛いような。



しかしながら、日ノ本各地に赴くにつれ、田んぼアートが見事であったと御声がけを頂いた。参加者の皆が手植えから刈り取りまでを行う小野川田んぼアートは、紛う事なき米沢の誉れであると某は感じておる。

皆、ありがとう存ずる!


そして間も無く


応募期限の9月30日である。


平成最後の芋煮会として悔いなく執り行えるよう、我等も尽力致す故、御応募頂いた皆に於かれては開催まで今少しお待ち頂きたい!


それでは…此度もつい心安く筆をはしら故、長々書き綴りましたるが、失礼事御容赦下されたし。


直江兼続

【直江計略記〜芋の報せ〜】

2018年08月14日(火)|11:49

盛夏の候

暑中見舞い申し上げる!

 

上杉家筆頭家老 直江兼続である。

 

 

公式ブログの新設より、はや2ヶ月

日頃より「やまがた愛の武将隊公式ブログ」を愛読いただき、誠に感謝致し申す。

 

 

※先に申す、長文ぞ。

 

 

時に御客人方よ…某は思うのじゃ。

 

季節の移ろいとは真に早きもの、

 

気を抜けば1年が瞬く間に過ぎ去っていく

 

米沢もまた然り。気付けば豪雪とエクスカリバーの山と化す。


故に思うのじゃ、

何か重要な事を忘れては居らぬか…と。

 

 

近頃、上杉領内では斯様な光景を散見致す。

 

 

 

お判り頂けただろうか?

 

 

我が弟は「芋」を、そして

我が主は「酒」を所望致して居られる御様子である。

 


ほう。

左様で御座いますか。

 

某はこう思った。

(…馬鹿な!昨年はもう少し遅く告知致しておったではないか!何故このような盛夏の真っ只中で申しておられるのか!大体斯様な猛暑時に誰がアツアツの芋などむさぼり喰いたいと思うてorunode...⦅以下略⦆)

 

 

然し、同時に某は気付かされた。

 

 

 

                …と。

 


成れば!

ここは腹をくくり主命に従い新天地にて盛大に執り行おうではないか!

 

 

芋煮会を!!

 

 

発表致そう。


やまがた愛の武将隊は今年も「芋煮会を開催致す!」

 

 

題して…

 

 

愛のイモニケーション2018

〜やまがた愛の武将隊と作る平成最後の芋煮会〜

 

 

平成30年10月14日(日)

小野川 ほたる公園付近

開催時間は 10:30〜16:00

¥5,000  定員50名(予定)

 


参加申込は9月1日(土)〜30日(日)迄

 

申込方法、実施内容その他重要事項は追ってブログ及び出陣カレンダー、またはTwitterにてお知らせ致し申す。

 

平成最後の芋煮会は直江石庭を離れ、初の小野川温泉周辺での芋煮会となる!一体何がどうなるのか、期待に胸を膨らませつつ次報を待たれるが良い。

 

 

 

して御客人方よ。

 

 

暑い夏の気配も冷めやらぬ中、熱い芋煮へのイマジネーションが湧かれぬお主らの不憫を思い、、

 

 

某からせめてこれだけは申しておこう。

 

 

 

                以上である。

 

 

つい心安く思いの儘、長々と筆を走らせし故、

失礼事ご容赦下されたし。

 

ー 直江山城守兼続 ー

【直江計略記〜綴る】

2018年06月18日(月)|20:14

御晩に御座る!

やまがた愛の武将隊 直江兼続じゃ。


久方振りの筆記故、皆々息災であれば何よりである。


気付けば
水無月も半ばを過ぎ、あれよあれよと言う間に様々な事が起こり申した。



先ずは此れ。



       本陣頁


別名ホームページじゃ。

実に7年振りの新設と相成ったが、これを機に過去の記録を顧みてみたのだが


数々の思い出が、斯様に溢れんばかりに詰まっておった! 





失礼、


願望が現像化致した。



こんな感じじゃった。




兎も角、過去の本陣頁は皆々との思い出の記録である。たまには訪れてくれるば嬉しく存ずる。



そして、、


ブログも新設である!


想いのまま筆を走らせる事、いと容易きとは此れ程に喜ばしき事は無かろう。


今日よりは今少しばかり多く、気の赴くままに筆を執ると致そう。


言伝など寄せてくれれば励みとなる故、御付き合い頂ければ幸いに御座る。



因みに、概知かとは存ずるが…



某のブログは長い。

心致すが宜しかろう。



気ままついでに一つ物申す。


近頃めっきり暑くなり拭い布に事欠く日頃となり申した故、心ばかりに筆を執ることと致した。御気に召されれば良いのじゃが…



さて、本日は此処まで。


次報を待たれるが良い!



つい心安く想いの儘 筆を走らせし故、御無礼事、御容赦下されたし。



直江山城守兼続

コメント

ブログ内検索

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

モバイルQR

qrcode