【大国実頼の情熱日記】〜直江状の日〜

2019年04月14日(日)|17:59

オイッス!実頼じゃ!

本日はやまがた愛の武将隊、第10期が始まってから初の上杉神社出陣であった。

春の陽気の中、沢山の御客人がお越し下さり、ありがたい事じゃ。

謙信公が祀られておる上杉神社で、10年目に入り、より一層山形県の観光PRに尽力致しますとご挨拶をして参った。

 

さて、419年前の本日は兄者が徳川様に「直江状」を送った日である。

越後より会津・米沢に国替えになった上杉家に、徳川方から戦の準備をして謀反を企てておるのではないかと糾問状が届き、

それに対し兄者が皮肉を込めた内容で非常に長い書状で返した。其れが直江状である。

その書状を読んだ徳川様はたいそうお怒りになったのである。

 

この書状がきっかけとなり、天下分け目の大戦「関ヶ原の戦い」

そして山形が舞台となった戦「慶長出羽合戦」へとつながっていくのじゃ。

その直江状を送った日ということで、本日は演武で直江状をご披露致した。

丁度ワシが読ませていただいておる所で御座るが、写真で見ても長い・・・長すぎまするぞ兄者!笑

しかし、この書状が日ノ本の歴史の重要なきっかけを作ったのである。

10期に入り、最初の上杉神社で、直江状を送った日にこの演武をご披露出来た。

我らにとってもこの演武がきっかけになり、愛の武将隊の新たな歴史を作っていくという想いが強くなった!

これからも力を尽くして参る故、宜しくお願い致すぞ!

 

さて、今月末から「上杉まつり」が開催される。会場となる上杉神社・松が岬公園も着々と準備が始まっておるぞ!

愛の武将隊、存分に盛り上げる所存!

皆様のお越しをお待ちしておるぞ!

 

それでは、ごきげんよう!

 

コメント
  • ジャンボ
  • 2019/04/18 7:01 PM
直江状。

徳川家康公の誘い水と言いますか‥……。あの当時、「家康何するものぞ」とハッキリ言う城持ち大名は上杉景勝公ぐらい。

悪く言えば、家康公の罠にハマった、景勝公。良く言えば、他の城持ち大名は、「何とぞご勘弁を」でした。

要するに、毛利輝元公、判断力の無い、お坊っちゃまだったわけです。

今の世の中、政権交代は、選挙。明治維新までは、戦で政権交代だから、命がいくらあっても足りませんね。
  • あんみつ姫
  • 2019/04/14 9:09 PM
実頼様
本日は第10期初の上杉神社出陣お疲れ様でした。
実頼様がブログでおっしゃっていたように米沢はあったかかった。
桜の蕾は固かったけど、直に開花するでしょう。
でも、上杉まつりまでは持って欲しいですね。

今日もまた、伝国の前広場での演武のご披露、有難うございました。
伝国の杜前広場が愛の武将隊のホームグラウンドになればいいのになぁ、と思います。

道路まで伸びていく長〜い、長〜い直江状、シリアスなのに笑えました。
カッコいい「義一心」、「天籟」も見ることができ、観光PRやおもてなしも楽しかったです。」
後ろを見たら観光客の方も混じって、多くの方が座っていらしたのでびっくりしました。
観光客の方にも「愛の武将隊」をアピールできましたね。
本日も楽しい一日を有難うございました。

10期に入り、新しい歴史をつくっていくために
いろいろ画策なさっていると思いますが
お身体にはくれぐれもお気をつけてご活躍くださいませ。
またお会いできる日を楽しみにしております。
コメントする








    

コメント

ブログ内検索

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

モバイルQR

qrcode